『黄疸とは』 - 原因は?目や皮膚が黄色くなる黄疸の症状や治療 -

黄疸

黄疸とは ここ『黄疸とは』では『黄疸』に関連するいろいろな情報を提供しています。現在行われている『黄疸』の治療法や予防法、または最近になって『黄疸』の症状で悩む人、または自分や身近な人に思い当たる症状がある方の為の身近にできる対処法などをできるだけ掲載しています。ここを訪れる方は何らかの不安や症状を抱えている人が多いと思います。ここではそんな方々の為に少しでも役立つ情報を提供し、みなさんが抱える不安や問題を解決する為の助けとなるサイトを目指しています。

黄疸について 黄疸とは、血液の流れで循環しているビリルビンが皮下脂肪(皮膚のすぐ下にある脂肪)に大量に溶け出したときに起こる状態のことで、皮膚や白目が黄色くなります。
新生児の生理的黄疸(ふつうの新生児黄疽)の場合を除いて、黄疸が出たら、肝臓の過負担や損傷、またはビリルビンを肝臓から胆道を通じて消化管へ送る機能の異常が考えられます。


新生児黄疸の種類について簡単に説明しています。

体質による黄疸について簡単に説明しています。

新生児黄疸の原因や種類について説明しています。

黄疸の主な原因について説明しています。

黄疸の主な種類とその違いについて説明しています。

黄疸の一般的な診断方法について説明しています。

黄疸の関連情報 にんじんなどに含まれているベータカロチンという色素を摂りすぎると、皮膚が黄色くなることがあります。
にんじんやにんじんジュースを多量に摂取したり、ベータカロチンの錠剤を飲んだりしたときに、皮膚がはっきりと黄色くなるものです。
この症状をカロチン血症といいます。
カロチン血症の場合、白目(強膜)は白いままなので、真の黄疸と簡単に見分けがつきます。
黄疸の場合は、強膜も黄色くなります。

黄疸とビリルビンの関係について簡単に説明しています。

ビリルビンの種類と黄疸について説明しています。

溶血性貧血の主な症状や治療法について説明しています。

胆管結石と黄疸の関係と症状や治療法について説明しています。

閉塞性黄疸とその治療法などについて説明しています。

相互リンク集 1 2 3 4 5